今日、年齢とともに、自分のキャリアと私生活のバランスを取ることは、恐ろしいことです。さらに悪いことに、教えることは間違いではありません。ワーク・ライフ・バランスのとれた仕事全教員の4分の3近くが、定期的に仕事上のストレスに対処している。この苦境は、しばしば外的な状況や圧力によって引き起こされ、彼らのコントロールが及ばないことが多い。

それでも、良いニュースはたくさんあるということです。教員のストレス・チップさまざまな分野や教育レベルでそれらは、安定した内側の聖域を作り、外力に正面から向き合うことを中心としている。このアプローチは、キャリアアップを促進し、豊かな生活を送るために、長い道のりを歩むものである。これにより、毎日新しい仕事に笑顔で挨拶し、ストレスやバーンアウトなどの問題を最小限に抑えることができます。

https://news.simplybook.me/wp-content/uploads/2019/02/campaign-creators-1086604-unsplash-768×512.jpg

基本に立ち返る

ワーク・ライフ・バランスは容易ではない。教師は、論文の採点、授業の計画、受講技能の習得、カリキュラムのスケジュール作成、学生の支援、その他多くの優先事項について心配しなければならない。あのハッハザードなライフスタイルに加えて、不安定な混合物が顔に吹き飛ばされる準備ができています。実際、多くの教師は降伏しやすく、自動操縦モードに入ることができると考えている。

このシナリオが起こらないように、自分で正しく、心を勝ち取るようにしましょう。もっと一生懸命働き、もっと賢い仕事をしたいという欲求に抵抗する。はい、日々の時間とエネルギー貯蔵所には膨大な量の要求があります。しかし、それは自分の人生を逆転させて、それに応える必要があるということではありません。

結果の大部分は、総労働時間の比較的小さな部分(約20%-パレート原理)に由来していると信じているか否かを問わない。したがって、余分な時間をかけないように注意しなければならない。それは、彼らを浪費し、脆弱なバランスを妨げるだけである。スケジュールをよく見て、仕事量を減らすのに本当に役に立たない時間のかかる作業を除外しましょう。

そこにいる間、永続的なマルチタスク習慣を捨てる。同様のタスクをブロックに統合し、それらに対処してから、次の一連のタスクに進みます。これは、プレッシャーを軽減し、復元するための取り組みを支援する生産性の一角です。ワーク・ライフ・バランス.

次に、同僚との絆を解き放つ時間がある。緊密な関係が、より良い仕事の満足をもたらし、不安を軽減することが証明されている。どちらにしても同じボートにいて、助言、経験、情緒的支援などでお互いに助け合うことができるでしょう。生涯の友情は、しばしばそのような形で形成されることがある。

素晴らしいテクノロジーツールを活用し、ワーク・ライフ・バランスを改善

個人指導員として、心配すべきことはさらに多くあります。私たちは、正しいリソースとツールを見つけ、それから仕事を成し遂げるプロセスについて、ほとんど議論しています。幸いなことに、昔ながらのやり方で何でもやるのではなく、今日では別の選択肢がある。これは、最新の学習・教育技術を常に最新の状態に保つことを意味します。

Simplybook.meはこの代表例である。ユーザーフレンドリーなプラットフォームにより、講師は数クリックでオンライン予約や授業のスケジュールを扱うことができます。さらに、トラックにとどまる手助けとなる電子メールリマインダーなど、他の機能も詰め込まれています。オンライン決済を受け付け、既存のウェブサイトやソーシャルメディアアカウントと個別指導のランディングページを統合することも可能である。

このような汎用的なソリューションを採用する過程で、迷惑な事務処理を大幅に削減することができます。同様に、テクノロジーは、授業をより魅力的でアプローチしやすいものにするのに役立ちます。

今では、デジタルネイティブと頻繁なソーシャルメディアである世代の学生がいます。また、同じチャンネルを使って、手の届く範囲を広げ、昼夜を問わず会話に参加することもできます。テイクアウェイははっきりしている。多くの機器やソフトウェアソリューションが存在することは、単に気を散らすだけでなく、学習経験を高める手段でもあります。

そのため、オープンマインドを心がけてください。人生を古くからの慣習に息を吹き込むことのできる、他の様々な技術が注入された教授法やキャリア・トリックを探究する。

https://news.simplybook.me/wp-content/uploads/2018/12/tutoring-768×382.png

人生はどうですか?

労働日を洗練したら、「生活領域」に進む準備を整えておきましょう。

第一に、休憩をとって、その都度、巻き戻すような状態ではありません。そんな時間がないと思ったら、二度考えてみましょう。プレートにたくさん乗っているときには、何もせずにやるのが一番いいことです。新鮮な空気と太陽の中からわずか5分ほど離れれば、若返り、集中力をさらに強めることができます。

これはあまり明白ではないワーク・ライフ・バランスのヒントの一つであり、教師が何度も繰り返し話し合うのが好きです。

また、仕事と家庭の両立は不可欠な要素であることに留意されたい。すなわち、仕事のストレスを家に持ち帰ることは避け、その逆も避けるべきである。線を引いて、それを尊重する。例えば、自宅で仕事をしなければならない場合は、別の物理的空間、理想的には自宅のオフィスで仕事をしなければならない。一方、家族と一緒に時間を過ごし、寒くなると、教室の考えを止めます。

最後に、教室外での生活と仕事を確認してください。あの趣味にもどって、長い間休んでいた。ストレスを取り付けるための最良のフィルターは、情熱をもって何かをすることで、コンパスを失うことを避けることができます。おそらく以前に何度も聞いたことでしょうが、身体活動を受けることは、追加的な健康(精神的な利益を含む)と関連しています。

体育館をヒットし、泳ぎ、家庭で何らかのプッシュアップをしましょう。あなたの好みやライフスタイルに最も適しています。これらはすべて、教育と私生活の両立のための素晴らしい活動です。. もちろん、私たちはこの地面に触れたばかりです。リストは続きますので、さらに研究を始めることができます。

結論

aの作成教師のワーク・ライフ・バランスには時間とコミットメントがかかります。近道はないので、飛び降りる前に赤ちゃんの手を打ってください。

より積極的に行動し、同じ退屈なループに巻き込まれないようにする。テクノロジーの助けを借りて賢く働き、現在の慣行を再考する。必須ではない活動を削減し、より働きがいのあるキャリア体験を育てる努力をする。

同時に、バッテリーの減圧と充電に役立つ満足のいく活動を見つけてください。周囲の人々との真のつながりを築き、健康を優先し、自分の利益を追求する。

反対のように見えても、あなたは制御していることを覚えておきましょう。前述のヒントを受けて、目覚ましく永続的なキャリアを育み、ストレスのない教えを最高に楽しむべきです。

引用元 https://news.simplybook.me/balance-work-as-teacher/ (simplybook.me)