こちらの記事では認定証の作成方法・講座との紐付け方法についてご紹介します。

認定証の作成方法

認定証を作成するには「講座管理」>「認定証」>「新規追加」に進みます。

 

まずは講座のタイトルを追加します。その後に「公開」をクリックします。

 

 

テンプレートの挿入

以下のようなテンプレートを用意します。(推奨サイズ 横2000以上 縦1500px以上)

以下の項目は受講者に合わせて自動で插入が可能なので開けておきます。

  • 受講者名
  • 講座名
  • 講座開始日
  • 講座終了日

認定証の編集

Change templateをクリックして、認定証のアップロードを行い、ファイルを選択します。ドラッグドロップで認定証ファイルをアップロードできます。

 

以下のように項目をドラッグドラップで任意の位置にセットすることができます。

項目を削除するには「レイヤーオプション」>「Delete layer」で削除が可能です。

レイヤーオプションでは文字のスタイル、太さ、色、角度などが設定できます。

 

講座終了日、講座開始日の日時を日本仕様に表示するためには「Format」の部分に「Y年n月j日」と入力します。

 

講座と認定証の紐付け

認定証が作成したら、講座と紐付けを行いましょう。これを行うことでユーザーが講座を修了したら、認定証が自動で発行されます。

上のように講座ページに進み「認定証」へ進みます。そして作成した認定証の「Asign(割り当てる)」をクリックします。

完了したら「更新」をクリックします。これで認定証のセットは完了です。

 

ユーザー側から見た認定証

講座の修了をしたユーザーが、どのように認定証を見ることができるかご紹介します。

以下のようにマイページの「認定証タブ」から見ることができます。

認定証の作成及び設定方法は以上になります。