こちらの記事ではteachableで講座を作成する方法をご紹介します。

講座の追加方法

Teachableにログインして「Course」>「New Course」へ進みます

 

 

以下のようにコースの基本設定を行います。

  • コース名
  • コースのサブタイトル
  • 作者

 

カリキュラムの作成方法

次にカリキュラムの作成を行います。

「メニュー」>「カリキュラム」に進みます。管理画面のボタンは上のようになります。

「New Section」をクリックすると、新しいセクションを追加できます。

「New Lesson」をクリックすると新しいレッスンを追加できます。

レッスン名をクリックすると、追加済のレッスンを編集することができます。

 

レッスンの編集方法

レッスンは上記の方法で追加することができます。

動画のレッスンの場合は動画ファイルをドロップ&ドロップすることでアップロードできます。(アップロードの時間はご利用のインターネット環境によって異なります。)

レッスンの作成が完了したら「Publish(公開)」をクリックします。

 

価格の追加

価格には4種類があります。

左から

  • 無料・・・無料講座になり、購入をせずとも受講が可能
  • サブスクリプション(定期課金)・・・毎月もしくは毎年で指定した金額を支払う仕組み
  • 一回払い・・・最初にだけ支払いを行う仕組み
  • 回数支払い (X月ごとに回数払い)・・・指定した金額をXヶ月間支払うという仕組み

となります。

 

講座の販売ページのデザインの編集方法

講座の販売ページの編集を行います。

メニューの「ぺージ」>「EDIT」へ進みます。

 

 

以下のようにセールスページを作成します。デフォルトでは以下のようになっていますが、項目をドラッグドロップすることで並び替えることもできます。

 

  • Blank Template・・・空白のテンプレート、このページからすべての学校テンプレートコードを削除し、ページコンテンツのみを表示します。
  • Show Navigation Bar・・・ナビゲーションバーを表示する。
  • Colored Navigation Bar・・・色付きのナビゲーションバー。ナビゲーションバーがトップ画像の上にある場合、透明にするのではなく背景色を強制します。
  • Show Footer・・・フッターを表示。このカスタムページに標準の学校のフッターを表示します。

 

基本的に以上の設定を行うことで、teachableの講座を公開することができます。 さらに細かい機能等につきましては、随着記事を上げていきます。ご不明な点がありましたら、クラレボの方にお問い合わせ下さい。