THINKIFIC(シンキフィク)って何?あなたのスキルを動画にして販売しよう!

はじめに

THINKIFIC(シンキフィク)は、自分のスキルをコンテンツ化して販売するためのツールです。あなたのスキルを、動画にまとめて今すぐ販売してみましょう。ファンを増やして、オンラインサロンを運営することもできます。

THINKIFIC(シンキフィク)は、あなたのスキルをコンテンツ化し、ビジネスに展開するための必要なツールが一通り揃っています。

はじめ方は簡単!早速、THINKIFIC(シンキフィク)の活用方法をみていきましょう。

「THINKIFIC(シンキフィク)」とは?

海外で人気のTHINKIFIC(シンキフィク)は、eラーニング(ウェビナー)体験を通じてユーザーのスキルアップを図ることができるプラットフォームです。個人が持つスキルを持続可能なビジネスに変え、オーナーとユーザーの両方にとって有効なツールを提供することで、人々がオンラインで学び、またスキルを報酬に替える方法を提供しています。

これによって、ユーザーは時間と場所を越えて、あらゆる人から学ぶことができ、スキルを持つ人は、自分の専門知識を使って稼ぐことができます。画面はシンプルで、直感的に操作することができ、デザインも洗練されていて使いやすくなっています。

THINKIFIC(シンキフィク)の活用事例

THINKIFIC(シンキフィク)は、ビジネスの規模に応じてeラーニング(ウェビナー)、オンラインサロンとして活用することができます。まずは、自分の持つメソッドやスキルを小規模に展開し、段階的にビジネスを拡大していきましょう。

生活や仕事のための生産性向上のメソッドや、マネープランなどをポッドキャストとして提供します。そこで、大きな反響が得られるようなら動画によるコンテンツの拡充と共に、書籍販売やオンラインサロンを運営することも可能です。

例えば、スポーツで実績のある場合、オンラインでのコーチングを行うこともできます。動画に英語の字幕をつければ、世界各国の視聴者にリーチでき、より多くの反響を得られる可能性があります。その他にも、料理やSNS管理、ダイエットの指導など「周囲より詳しい」と自信のある知識やスキルがあれば、THINKIFIC(シンキフィク)を使うことで収益化の可能性が拡がります。

THINKIFIC(シンキフィク)の無料トライアル

トップページの「GET STARTED FREE 」ボタンをクリックし、「名前」「Eメール」「パスワード」を入力の上「Create your account 」ボタンをクリックすると無料コースのお申込ができます。無料コース申込時にはクレジット決済を行う必要はありません。まずは、無料コースでさまざまな機能にトライしてみましょう。

THINKIFIC(シンキフィク)でできることを他社サービスで実現しようと思ったら?

オンラインサロン運営のプラットフォームは国内にもいくつかありますが、THINKIFIC(シンキフィク)と同等の運用を展開していくには、注意が必要な点が3つあります。

1つ目は審査や規約についてです。オンラインサロンを立ち上げる時に審査があり、その後も規約による制限があります。イメージしていたコンテンツが規約に抵触する場合、運営できないケースもあるでしょう。

2つ目は、運用費用です。売上の数%を、プラットフォーム提供事業者へ支払う形式が多く、オンラインサロンが拡大するほど、コスト運用が割高となります。

3つ目は、マーケティングについてです。コンテンツ販売やメールでの案内、データ分析などのマーケティングツールがサービスに含まれないケースもあります。マネタイズを考える場合は、他のSNSやマーケティングツール、CRMを組み合わせて利用することになるでしょう。

その他のサービスとTHINKIFIC(シンキフィク)との比較は?

現在、YouTubeや各種オンラインサロンプラットフォームを利用して、スキルをビジネス展開している例もあります。YouTubeは、動画やライブ配信を通じて不特定多数の視聴者にリーチでき、動画に対する広告収入を得ることもできます。

しかし、コンテンツやサービスの販売については別途運用する必要があります。集客の入口として利用するには優れていますが、その後のマネタイズには工夫が必要です。THINKIFIC(シンキフィク)と比較すると、規約の制限、費用、マネタイズの点でまだまだ使いにくい点があります。

THINKIFIC(シンキフィク)では、ユーザーとの対話、カスタマーサポートなど、収益化やマーケティングに必要なツールが一通り揃っています。費用も定額制なので、売上拡大に合わせたプラン変更ができます。

メールマーケティングに有効なメーリングリストサービス・MailChimpや、業務効率化に欠かせないRPAとして人気の高いZapierなどの海外でよく使われているサービスとの連携も可能です。

作業効率化の点でもTHINKIFIC(シンキフィク)は魅力的です。

THINKIFIC(シンキフィク)でやってみよう!

THINKIFIC(シンキフィク)は、スキルをコンテンツ化して販売するための支援ツールです。まずは、あなたのスキルを動画で紹介してみましょう。最初は、ナレーションのみの簡単な動画で充分です。反応をみて、コンテンツを拡大し、カリキュラムを作成していきましょう。

動画をはじめとし、テキストや問題、アンケート、サポートのためのディスカッションなど、ユーザーをサポートする様々な機能が備わっています。ユーザーを的確にサポートすることが、オンラインスクールの発展・ファンの育成~オンラインサロン開設などのビジネス拡大にもつながります。よりよいコンテンツを作成することができるようになれば、本格的に販売を行いましょう。

THINKIFIC(シンキフィク)では、販売に最適なテーマが用意されています。支払い方法は無料トライアル、最初の1か月間の設定、月額、年額など様々です。マーケティングツールも充実しており、定期的にユーザーへリーチし、参加を促すこともできます。ビジネスアイデアやマーケティング戦略、語学学習やドローンの操縦、健康管理、SNSの管理など様々な分野で活用されています。

まとめ

THINKIFIC(シンキフィク)は、あなたのスキルをオンライン上で販売し、オーナーとユーザーをつなぐプラットフォームです。集客から、見込み客の発掘、育成まで行えるマーケティングツールも備えています。

THINKIFIC(シンキフィク)を活用し、今すぐスキルをビジネス展開してみましょう。

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、こちらまで【THINKIFIC(シンキフィク)の紹介ページ】

クラレボに相談する

クラウドサービスや料金メニューについて、お気軽にお問い合わせください。

料金メニュー以外の制作サービスや運用代行のご要望、サイトプロモーションも、お見積依頼を随時受け付けております。

お問合せはこちら【クラレボ相談窓口】